体の糖化は体の酸化より怖~い!

最近のアンチエイジング学会における発表を見ていると

昔は、「体の酸化」に関する論文が多かったのですが、

ここ最近は、「体の糖化」が一番の問題である

という発表が多くみられるようになったと言います。

 

確かに、ここのところスーパーやコンビニの棚に並んでいる

お弁当、お惣菜、冷凍パスタ、お菓子などを見てみると、

糖質を抑えた新商品がたくさん出てきていますね。

 

では、いったい「体の糖化」の何が悪いのでしょうか?

 

この文を読んでいるあなたは、血糖値が高く(糖尿病予備軍?)、

これを改善しようと、どうしたらよいのか

いろいろ探しておられると思います。

 

実は、血糖値が高いということは、糖尿病だけではなく、

体に様々な弊害を及ぼしているのです。

 

AGEs(エージス)は悪玉糖化産物

高い血糖値はAGEsを生み出す

血糖値が高く、血液中に余分な糖が残っていると、

血液中の糖分とアミノ酸(タンパク質が分解したもの)が

くっついて終末糖化産物AGEs(エージス)

という物質が作られます。

これは、ホットケーキの焦げ目などにみられる

メイラード反応で生成される糖化物質なのですが、

これ、

見た目とってもおいしそうなのですが、

体の中でこれがおこると、

体にとっては、

『悪玉物質』なのですね。

 

このAGEs(エージス)という物質は、

体の酸化にとても関係が深い活性酸素による

細胞浸食を加速させる働きがあるのです。

そのため、

皮膚でそれが蓄積すると、しみ、シワ、たるみが、

血管に蓄積すると、心筋梗塞、脳梗塞に、

脳に蓄積すると、認知症に、

目に蓄積すれば白内障に、

とありとあらゆる場所に悪影響を及ぼします。

 

現在、AGEsが深く関与しているとみられている疾患は、

皮膚の老化、動脈硬化、糖尿病合併症、

骨粗しょう症、歯周病、関節リウマチ、白内障、

加齢黄斑変性症、アルツハイマー病です。

 

AGEs(エージス)を減らす食事法・生活習慣

現在の研究成果によれば、AGEs(エージス)の

70%は、体内で生成され、

30%は、食事から摂取される

と言われています。

 

体内でAGEsが増える要因としては、

・血糖値の高さ

・高い血糖値の持続時間

であり、血糖値の高い人ほど

影響が大きいことが分かります。

 

食事で摂取されるAGEsが増える要因は、

・メイラード反応でできたオコゲの摂取頻度

・その摂取量

ですが、体内で生成されるAGEsほどの

影響力はありません。

 

したがって、

AGEs(エージス)対策としては、

体内で生成しにくくするのがよい

ということが分かります。

 

実際どのような食事法・生活習慣を行えば

血糖値が上がらずに、高い値が持続せずに、

AGEs(エージス)の生成が抑えられるのでしょうか?

 

血糖値の上がりにくい食事法

・このサイトでおすすめの『ベジタブルファースト』

食べる順番を変えるだけ!

野菜類(食物繊維)→主菜→炭水化物(ご飯・パン)の順に食べる

・ゆっくりとよく噛んで食べる

・甘いお菓子や飲料水は空腹時に飲まない

・低GI値の食品を食べる

消化に時間がかかるので血糖値が上がりにくい

血糖値の上がりにくい生活習慣

・ストレスをため込まない

・食後に軽い運動・ストレッチをする

 

うーーむ

なんかめんどくさ~い という方には、

これがおすすめです。


食事前に、つるんとひと口摂取するだけで

ベジタブルファーストが実現できます。

 

コメントは受け付けていません。